スタンプツールを使った不要物除去方法

Photoshop

こんにちは、デスクワークばかりで完全に体がなまっているNIKETSUです(^^)/

やばいと思い、腕立て伏せやスクワットをやるようにしていますが・・

今回は比較的使用頻度の高いツール、スタンプツールについて紹介したいと思います。

撮影した写真の中に消したい箇所がある・・なんてときに役立つツールです♪

やり方は簡単なのでガツガツ消去しましょう(笑)(^^)/

はじめに

まずはいつも通り画像を用意ます。サンプルとして用意した画像はこちら↓

右にいる鴨?ではなく左の小舟に乗った人を消したいと思います。

この画像を選んだ理由は背景が複雑ではないからです。背景がガチャガチャしてると場合によっては難易度が遥かに上がることも・・・

今回は比較的容易に除去できると思い、こちらの画像にしました。

まずはスタンプツールに持ちかえ、

作業する前に、画像のレイヤーに直接手を加えてしまうとやり直しがきかなくなってしまうのでここでは修正用レイヤーを作り、このレイヤーで作業をしようと思います↓

実際に不要物を消してみよう

スタンプツールにまつわる数値を今回は↓のように設定しました。

僕の場合、この中で数値を変えるとしたら不透明度と流量くらいかな?と思います。

がっつり消すときは100%、少しだけ消すときは50%にする、とかですね。この作業に限らず

手を加えてはやり直す、ということがPhotoshopではよくあることなので、

このあたりのことは深く考えず、消しすぎた!というときは[Ctrl + Z]でやり直しましょう(^^)/

上の画像①をクリックするとブラシの大きさ・硬さを変更する画面がでますので調整します。

ただ大きさとか硬さはかなり頻繁に変更しますのでショートカットキーを使う方が効率的です。

[Alt (option) + 右クリックしながら左右にドラッグで大きさ、前後にドラッグで硬さ]

上記で随時効率的に調整しましょう(^^)/(スタンプツールの場合はあまり硬さは0%が多いかも?)

設定を調整した上で消したい対象物をズームし、赤丸のあたりを[Alt (option) + 左クリック]

するとこの赤丸のあたりの何も写っていない箇所をコピーできます。

このコピーしたものを消したい画像の上に貼るわけですね♪試しに釣り竿あたりをクリック↓

釣り竿が大分短くなりました(^_-)

同じ要領で消す箇所と近いところからサンプルをとり、人やボート、水面に反射している影を消していこうと思います。

できたのがこちら↓

どうかな\(^O^)/?

グラデーションになってたりするので丁寧に消さないと意外とうまくいかないです(汗)

そして結構力技感ありますw

それでも比較的簡単な方法で不要物が除去できますのでやってみる価値ありますよね?

まとめ

今回はスタンプツールで不要物を消しましたが、他にもいくつかの方法があります。自動で消してしまうなんていう便利なツールもありますね。ただこの方法は背景が今回の画像のようにシンプルな時に限ります。

まずは地道に手を動かし作業してみましょう♪

いらないものを消す、なんていかにもPhotoshopっぽい作業でしたが、今後もPhotoshopやIllustratorにまつわる記事をアップしますので見てもらえると嬉しいです!

それでは(^_^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました