Photoshop「空を置き換え」がすごい!

Photoshop

こんにちは!NIKETSUです(^_-)

アップデートによって加えられた新機能とかあまり気にしないタイプですが、Photoshopのトップ画面

でふと気になった新機能「空を置き換え」を試したら思いのほか簡単な手順で、夕日→青空、ができたので記事にしようかと思います。

特に詳しいやり方を見たわけではないのに数値を適当に変えることによって加工できたので、「写真を撮ったけど曇りだった・・」なんて時に使えるかもしれません(^_-)

Photoshopで加工する画像を開く

今回は↓の画像

この画像を選んだ理由は空と建物がくっきり分かれていたので比較的加工しやすいかなと思ったのと、

夕日だったからです。Unsplashでダウンロードしました。

[空を置き換え]を選択する

メニューバーから[編集]→[空を置き換え]を選択↓

すると以下のような状態になると思います。

もう既に青空になっている(^_^)/

もしかしたらパソコンのスペックなども関係しているかも知れませんが、この機能、結構重たい作業なのかなと思いました。クルクル(進捗インジケータ?)の時間が結構長かったです(汗)

調整する

この状態の画像だとまだ赤っぽいところが残っています。

ここを調整していきたいと思います。

[エッジをフェード]の1000に調整。

すると・・・

赤っぽかったところが自然な色になりました(^_^)/

全体の明るさとかをもう少し調整すると↓

これでも全然OKくらいのレベルですよね!?

おそらく画像をPhotoshopで開いてから数分くらいでできたと思います。

恐ろしい機能ですよね(笑)

ちなみに

ここをクリックすると、他の青空のパターンや、夕日にできたりもできるみたいです♪

せっかくなので違うパターンも作ってみました↓

雰囲気変わりました(^_^)

まとめ

こんな感じで簡単に空を置き換えることができました。一体どんなシステムなのでしょうか・・・

今まで新機能とかあまり気にしたことがなかったのですが、これを機にアップデート後に新機能が追加されていたら一通り使ってみようと思います。

またブログで紹介しますね(^_^)/

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました