クラウドソーシング:ロゴのコンペについて考えてみる

Illustrator

こんにちは!NIKETSUです(^^)

今回はクラウドソーシングサイトのロゴのコンペについて考えていきたいと思います。
ちなみにアイキャッチのロゴは応募したものではありませんw

クラウドソーシングとは?

まずはクラウドソーシングとは何かについて簡単に説明します。

要は仕事を発注する人と、仕事を受注する人を繋ぐ為のマッチングサイトです。

ぼくはクライアントつまり発注側になったことはないので、発注者としてのクラウドソーシングのメリットについてはコメントを控えますが、受注者側のメリットを考えると、

  1. 全てオンラインで完結することも可能
  2. 特別営業という営業をしなくてもいい
  3. 未経験者からすると良い勉強になる

あたりでしょうか?

1についてはジャンルによっては直接会って業務を進める、というようなこともあるのかな?と思います。ちなみに僕は相手の方と会ったことは今のところないですし、なんだったら電話したこともありません。というより求められたことがない感じですね。
(ただしチャットワークなどの外部チャットアプリでのやりとりを望まれることが多いです)

2はいわゆる電話やメールなどでの営業を想定していますが、やはり僕は経験がないです。クラウドソーシングは気になった案件に応募して、応募者の中から選ばれる必要がありますが、せいぜいその応募文を考えるくらいです。(考えようによってはこれは営業と言ってもいいかもしれません)

3は完全に未経験から始めた僕からしたらまさに当てはまりますね(^^)手数料がかかる点やそもそもの単価が安い、競争率が激しいなど、確かなデメリットも存在するクラウドソーシングは、否定派も多いようです。
ですがスキルアップや業務の進め方等多くの事が学べる場でもあるクラウドソーシングは、ぼくは意義のあるものだと思いますね(´。`)

クラウドソーシングの進め方

クラウドソーシングには

  1. プロジェクト
  2. コンペ
  3. タスク

以上三つの進め方があります。

プロジェクト方式はクライアントが応募者の中から選定し、契約をして業務を進めます。クライアントに選ばれるのは大変ですが、契約までいけばあとは、作業→納品となり、最終的には報酬が支払われます。

コンペはあらかじめクライアントが「こんなものをつくってほしい」というのを公表し、応募者はクライアントの意向に沿うものを制作→制作物を提案する
という流れです。
提案したものが選ばれれば報酬が支払われますが、選ばれなければもちろんお金はもらえません。
つまり時間を掛けて制作しても選ばれないというリスクがあるんですね・・・。

ちなみにタスクに関しては経験がないので今回は割愛させていただきます(^_^)

当初はコンペに提案していた

クライアントに選ばれない限り、作業が無駄になるなど一見デメリットの方が多そうなコンペですが、それは考え方一つだとぼくは思っています。
Photoshopを勉強し始めた当初はひたすらバナーの模写をしていたぼくですが、「よし、そろそろクラウドワークスで仕事を探してみよう」と思い立ち、(ここまでずっと「クラウドソーシング」と書いてきましたが、以降は「クラウドワークス」とします。)

クラウドワークスの登録をするんですが、最初は何をしていいかわからず、さしあたり難易度の低そうなバナーのコンペに応募していました。

もちろん全然採用はされなかったんですが、コンペの提案に慣れてきたらその制作物をポートフォリオ(制作実績)として利用し、徐々にプロジェクト方式に乗り換えたんです。

つまり制作物が採用はされなかったものの、ポートフォリオとして使うことによって無駄にはならなかったということですね(^_^)

最近はロゴのコンペに提案している

途中からプロジェクト方式に切り替えた僕ですが、最近はスキルアップを目論み(もちろん採用もワンチャン狙っていますが)ロゴのコンペにちょこちょこ参加しています。

レタッチや画像制作だけでなく、収入の柱を増やすためにロゴ制作を始めたんですが、これがなかなか難しいし奥が深いですね・・・

現在のところ、約100個くらい提案しましたが、70個くらいの段階でようやく一つ採用されました。
(始めたころのロゴなんかは見せられないほどひどいですw)

ロゴコンペの相場は大体2万~3万程が多い印象です。もちろんこれより高い案件もあれば安い案件もあります。

僕自身がまだ一つしか採用されたことがないのであまりノウハウ的な事は書けませんが、仮に月に一つとか2ヶ月に一つとか採用されれば、副業としては全然アリですよね?

なぜなら会社員として1万円とか2万円の昇級って結構大変ですからね(-_-;)

提案したロゴにクライアントが「お気に入り」として★を1~3つけることがありますが、★がつくようになれば採用される可能性が出て来ると思います。
(全部の提案に★をつける優しいクライアントさんもいますw)

ロゴのコンペには百戦錬磨の猛者達が参加し、提案したものが採用されることは滅多にないかもしれませんが、実際に僕は一つですが採用されましたし、やる価値は全然あると思いますね(^_^)
採用されなかったとしても、デザインレベルが上がると思えばモチベーションも保てますよ!

まとめ

今回はクラウドワークスのロゴコンペについて考えてみました。

お金を稼ぐのは楽じゃないな、と思いつつも、着実にスキルアップしていることが自覚できたり、提案したものが採用されればやっぱり嬉しいです(^_^)

ある日街を歩いていたら、自分で作ったロゴを見ることがあるかもしれませんよね?

Illustratorを始めた方はぜひロゴ制作をしてみましょう!

それでは今回はこの辺で終わります(^_^)/

また次回♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました