ゆがみフィルターでちょっとだけ痩せさせてみよう!

Photoshop

こんにちは!前回からあまり間を置かず投稿しました!ブログを書くというスキルを伸ばすためにも
まめに投稿できるように頑張ります(´。`)

今回はPhotoshopの「ゆがみフィルター」というものを使って男性の体型をちょっとだけ変えてみたいと思います。
このゆがみフィルターは体型を変えるだけでなく、顔のパーツ、例えば目を大きくしたり細くしたりもできます。使い方によっては別人にできます。

今回は下の画像を使って、真ん中の男性の体型を変えてみたいと思います。

いつも通りぱくたそさんの画像です。他のサイトの画像も使わせてもらってますが、ぱくたそさんは高品質なので・・笑

人物を切り抜く

加工をする真ん中の男性を切り抜きましょう。

これで加工しやすくなりましたね(^^)

ゆがみフィルターを使ってみよう

ここから加工に入ります。Photoshop画面上部にあるフィルター→ゆがみをクリック。

するとこんな画面になります。

いろいろなツールがありますが使うツールは左の「前方ワープツール」、右側の「筆圧」、「密度」は下記の通りにしました。

ほぼ前方ワープツールのみで加工するんですが、アゴ部分のみ他のツールを使いました。
どうしても違和感が出てしまうからです。その箇所もご紹介します(^^)

今度は前方ワープツールを使って、加工したい箇所をドラッグします。

上の画像ではお腹に焦点をあてて、左から右にドラッグしています。円形のものはブラシのサイズを表しており、右側の「サイズ」で変更可能です。
ただ、この変更方法だと少し手間なので[Altキー(MacだとControl+option) + 右クリックしながら左右にドラッグ]でサイズ変更することができます。
ぜひショートカットを覚えましょう(^_-)

左から右にドラッグした結果の画像がこちら↓

これだけでも結構印象は変わりますね!もしやりすぎてしまったらCntl + Z でやり直しします。
この要領で腕、あご周りを調整してみます。

腕はいい感じですが、アゴが・・・。さすがにアゴはゆがみフィルターだけでは無理がありましたね。
スタンプツールとかで修正は大変そうだし・・どうしようかな~と考えたんですが、

右側の人のアゴ周りが使えそうに思ったのでこの部分だけコピーして利用することにしました!
使えるものは何でも使うのがNIKETSU式なので・・(笑)

選択範囲を作り、コピー。

向きが逆なので反転させ、

それらしい位置に貼りつけます。この状態で余分なところはマスクで隠し、肌の色の合わないところは
トーンカーブなどで調整。

わりと自然にできたほうじゃないでしょうか(*_*)?お腹、腕、アゴ周りと加工が終わりましたので
比べてみます。

今回の趣旨はちょっとだけ痩せさせる、ということなのでこんなところでしょうか?大幅に変わったわけではないですが、手を加えた三か所は大分すっきりした感があります。

まとめ

このようにたくさんの機能を使わなくてもこれだけ加工できるのはすごいですよね。ただ証明写真などでまったくの別人にさせてしまうのはよくないと思うので、程ほどがおすすめです(^^)/

ちなみに左右の二人の人も加工したんですが、写ってるところが少なく、サムネ的にあまり映えなかったのでやめました(汗)

今回でやっと5記事あげれました。Photoshopの記事が続いたのでillustratorなどの記事も検討したいと思います。読んでもらえると嬉しいです!
ではまた次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました