Photoshopの[ベベルとエンボス]とは?

Photoshop

はじめに

今回は僕が今までなんとなく難しそうで避けてきたPhotoshopの機能「ベベルとエンボス」について記事にしようと思います。

なんとなく避けてきた理由は・・・

NIKETSU
NIKETSU

ダイアログボックスを開くといじくる項目が多いし、

そもそも「ベベルとエンボス」の意味がわからない・・・。

という先入観でした(´._.`)

ただし、よくわからないことはやらない!と言って投げるのは簡単ですよね?

Photoshopに限らず、これだと成長は止まってしまいます。

ここではわからないながらもググり、手を動かしながら「ベベルとエンボス」を少しでも使えるようになりたいと思います!

参考になれば幸いです♪

そもそも「ベベルとエンボス」の意味とは?

いきなりPhotoshopを開き、レイヤースタイルからベベルとエンボスを選択・・・してもいいんですが、まずは「ベベルとエンボス」の意味について調べてみます。

ベベルには[傾斜 斜面]という意味があるようです。もしくは[面取り]ですね。

エンボスには[浮き上がらせる]といった意味があります。

NIKETSU
NIKETSU

ふむふむ。

つまり[ベベルとエンボス]とは文字なりオブジェクトなりに立体感を出すことができる機能です。

おそらく文字で説明するよりも実際に目で見たほうがわかりやすいでしょう。

では始めます(^_^)/

ベベルとエンボスをかける準備

文字を入力する

まずはPhotoshopを開き、横書き文字ツールなどで適当に文字を入力してみましょう。ここでは前回と同じく「Photoshop」と入力しました。

次にこのPhotoshopと入力したレイヤーの[塗り]を0%にします。
(※「不透明度」ではないですよ0_(゚口°))

すると当然「Photoshop」は見えなくなったと思います。

ちなみに不透明度を0にしてしまうとこの後行うレイヤースタイルのベベルとエンボスが反映されなくなってしまいます。

背景に色をつける

次は[Photoshop]レイヤーの下に[べた塗りレイヤー]で色を付けてみましょう。

適当な色でいいんですが、ここでは[#cecece]にしてみました。

背景に色をつける理由は後々映えるからです。とりあえずこれで準備は整いました!

実際にベベルとエンボスをかけてみる

レイヤースタイルを追加からベベルとエンボスを選択します。

ダイアログボックスが出てきますので今回は以下のように数値を入力してみます。

するとなんの変哲もなかった[Photoshop]と言う文字がこんな変化をします。

おぉ!( ゚д゚)もうそれっぽくなってる・・・。平面だった文字が立体的になりました。

ベベルとエンボスの中身をいじってみる

スタイルを変更してみる

それでは文字を立体的にすることに成功しましたが、もうちょっと遊んでみたいと思います。

[ベベルとエンボス]をダブルクリックすると再びダイアログボックスが出てきますので、いろいろいじってみましょう(^_^)/

[スタイル]を変更してみます。

5つあるスタイルを全て適用してみました。

それぞれの特徴を見てみましょう。まずはベベルの内側外側

ベベルには「傾斜」とか「斜面」といった意味がありました。その傾斜が文字の外側にかかっているのか内側にかかっているのかの違いなのかなと思います。

エンボスは文字全体が浮き上がっているような効果、ピローエンボス文字の縁が押し込まれたような効果が表れていますね(^_^)

エンボスの境界線を描く、だけ特別なようでして、これ単体では効果が出ず、[境界線]とセットになるようです。つまり境界線だけにエンボス効果を付与できるといった事ですね。

上記の5つは数値など変更せず、あくまで[スタイル]のみ変えてみたんですが、これだけでもかなり違いがわかります。いろいろ試してみてもいいでしょう。

テクニックを変更してみる

次は[テクニック]の項目を変えてみます。おそらくデフォルでは[滑らかに]になっていると思います。

[滑らかに]に比べるとシゼルハード][シゼルソフト]共に鋭く角度がついています。

また、[シゼルハード][シゼルソフト]は一見似た効果に見えますが、[シゼルソフト]は傾斜に粗く削ったような跡があることがわかります。

まとめ

今まで避けてきたベベルとエンボスですが、簡単な操作で文字などを立体的にすることができるおもしろい機能ですよね^^

YouTubeのサムネイルとかブログのアイキャッチに使うとまさに目を引く画像が作れそうです。

今回初めてに近いくらいベベルとエンボスを使いましたが、使えば使うほど奥が深い機能であることもわかりました。

これからも機会あれば積極的にベベルとエンボスを使っていこうと思います!

なお、今回触れなかった[陰影](角度とか高度)については後日追記したいと思います( ˘⊖˘)

コメント

タイトルとURLをコピーしました